株式会社アサカ

トップ製品一覧配信関連機器>AVS-90

 ビデオインサータ・SCTEモニタ 
 AVS-90
 生放送の同時配信に使用するフタ、差替え、ディレー機能 
 音声マッピング、SCTE104信号OSD監視・ログ収集も可能

概要

AVS-90 ビデオインサート・SCTEモニタは、IPネット配信を行う際、許諾権上そのまま配信ができない部分に「フタ」をする装置です。ARIB B39信号を用いた自動フタと、外部マニュアル制御によるフタが可能です。
フタには動画クリップ、外部信号切替が選択可能です。内蔵ディレーを用いることによりチラ見えの防止や、マニュアル操作よるフタ支援を1台で行うことができます。また、SCTE104のモニタ機能とログ機能を備えています。
弊社のSCTE104インサータ DU-187Cと組み合わせると、配信プラットフォーム側による差し替え(CMや番組)が可能となります。

フタ

フタの制御方法

(1) ARIB STD-B39 Q1〜Q8,S1〜S8信号
(2) ARIB TR-B23準拠 ユーザデータ1
(3) GPIパラレル接点
(4) DU-187C連動

フタモードの選択方法

(1) WEB GUIによる静的設定 システム設定を不揮発性メモリに保存します。
(2) WEB APIによる動的変更
(3) DU-187C連動

フタの種類

(1) 内蔵動画クリップ素材
(2) 内蔵静止画素材
(3) 外部ソース
(4) DU-187C連動(DU-187Cの内蔵静止画)

特長

(1) 放送局間制御信号のQ1〜Q8,S1〜S8、およびユーザデータ1を自動フタ制御信号として使用できます。
(2) フタ制御信号のディレー機能(制御ディレー)、映像・音声信号のディレー機能(信号ディレー)を用いてフタの
  タイミングの最適化が可能です。
(3) フタの映像・音声信号切替は、信号ディレーの前段と後段の2段フタ構成が可能です。
(4) 後段フタではDSKが可能です。
(5) 内蔵CLIP動画(4CLIP、合計最大25秒)を後段フタの映像・音声ソースに使用可能です。
(6) SSDオプションを追加することで、CLIP記録時間を最大30分に拡張可能です。(将来対応)
(7) 音声マッピング・ダウンミックスが可能です。
(8) エンベデッド音声は映像とは独立制御が可能です。音声残し、音声ミュート、音声切替が可能です。
(9) SCTE104インサータ DU-187Cとの連動動作が可能です。
(10) SCTE104メッセージモニタ、ハートビート監視、ログ記録が可能です。
(11) 本線系統は高周波リレーによるバイパスが可能です。
(12) 1Uフルサイズ筐体、二重化電源に対応しています。 

AVS-90機能ブロック概念図

設置使用例(DU-187C連動時)

外観

仕様・定格

項目

仕様・定格

SDI入出力

SDI信号規格

SMPTE ST 292準拠 1080i / 59.94Hz HS-SDI

エンベデッド音声

SMPTE ST 299準拠

サンプリング周波数  48kHz、映像に同期

音声チャネル数    8ch

SDI入力(IN1IN4

系統 BNCコネクタ

IN1OUT1間、IN2OUT2間はリレーバイパス付

※各入力は同期し、かつ、IN1に対する位相が±1/2ライン以内である必要があります。

※同期結合入力を使用する場合、各SDI入力は同期結合入力信号に同期し、かつ、位相が±1/2ライン以内である必要があります。

SDI出力(OUT1OUT4

4系統 BNCコネクタ

IN1OUT1間、IN2OUT2間はリレーバイパス付

・本線出力     ? 1系統2分配

OSDモニタ出力   1系統

・モニタセレクト出力 1系統

アンシラリ
データ

SCTE104メッセージ

SMPTE 2010準拠

放送局間制御信号

ARIB STD-B39 1.4版準拠

ARIB TR-B23準拠

ユーザーデータ1

ARIB TR-B23準拠

同期結合

同期信号入力(REF IN

?

1系統 BNCコネクタ 75Ω終端

NTSCブラックバースト / HDTV3SYNC

同期結合モード

入力信号の有無により以下の優先順位で自動切替え

REF IN > IN1 > IN2

出力位相調整範囲

V位相 -563+562ライン   ライン単位

H位相 -1100+1100サンプル サンプル単位

※最短遅延が選択されている場合は調整できません。

制御入出力

パラレル制御(接点制御)

1系統 D-Sub 37pin 入力数:最大15 出力数:最大16

LAN

1系統 1000Base-T/100Base-TX RJ-45コネクタ

遅延

SDI入出間
遅延

最短遅延

2ライン

ディレー調整

入力信号ディレー :最大4フレーム

後段信号ディレー :最大180フレーム

クリップ

静止画記録枚数

最大30枚(KEY付)

動画クリップ数*1

最大4クリップ

動画記録時間*1

750フレーム(25秒)(動画クリップの合計)

KEY付の場合は1/2になります。

1動画クリップの素材長

最小:30フレーム  最大:クリップ数と記録時間による

画像データ形式*2

非圧縮 YCbCr 4:2:2 8bit

画角サイズ

1920×1080

音声データ形式

PCM 48kHz 8ch

書き換え方法

LAN接続 Webブラウザを利用

ファイル形式

標準添付の変換ツールは以下の形式に対応します。

映像:PNG, TGA (連番ファイル)

音声:Windows WAVファイル PCM 48kHz

時刻補正入力

秒パルス入力

D-Sub 9pin(メス) フォトカプラ入力

うるう秒:一定時間内に1回秒パルスが増減する方式に対応

シリアルBCD時刻信号入力

D-Sub 9pin(メス) RS-485

うるう秒:1秒挿入、1秒削除に対応

LAN

NTP

一般仕様

動作環境

周囲温度

+5℃〜40

周囲湿度

5%〜90%(R.H)、結露なきこと

使用条件

連続使用

設置環境

屋内

電源入力

電源電圧

AC100V±10% 50 / 60Hz単相

消費電力

80VA以下

高調波電流

IEC61000-3-2 準拠

外形寸法

435mm(W)×400mm(D)×43.7mm(H)

※ラック取付け金具および突起物を含まない

質量

8 kg

*1 SSDオプション追加で30分、クリップ数100まで拡張可能です。(将来対応予定)
*2 PNG、TGAからの変換ツールが標準添付されます。

*デザイン・仕様は予告なく変更することがあります。記載の名称は各メーカーの商標または登録商標です。

株式会社アサカ|サイトマップ