ご挨拶

 

 現在の放送局を取り巻く環境は、来るべき新放送時代に備えた変革の準備期間であり、YouTubeの台頭やクラウド・IP化の流れに対応する技術革新は必須と考えています。
 この大きな市場の変革に、アサカは転換とスピードを求められます。1971年創業以来の技術力、ブランド力を活かし、お客様の期待に応える次世代商品の開発と市場投入を加速シフトさせ、社会に貢献しなければなりません。 そのために現場の意見を積極的に取り入れ、自由闊達な風通しのよい会社作りと、アサカの将来を見据えた改革を推進し、お客様の満足度向上に努めて参ります。



 

代表取締役社長 齋藤達哉